慢性腎臓病(CKD)と慢性腎不全

腎臓病は浮腫、高血圧といった症状がみられることがありますが、特に症状がなく、健康診断の尿検査異常ではじめて指摘される場合も多くあります。しかし尿検査で指摘されても、放置されている方が多いのも現状です。尿検査異常の中には、慢性糸球体腎炎という病気が隠れていることが多く、長く続くと慢性腎不全となり、最終的には透析療法が必要となることもあります。
また最近、慢性腎臓病(CKD)という新しい疾患の概念が注目されています。これは一般的に尿蛋白、血尿といった腎障害を示す所見や、クレアチニン上昇といった腎機能低下が慢性的に持続する状態をいいます。CKDになると心臓病や脳卒中などの心血管疾患になりやすくなることが最近の研究で明らかになってきたことから、いかにCKDを治療しながら心血管疾患を予防するかが重要となっています。現在、日本には約1300万人のCKD患者がいると言われており、これは成人の約8人に一人にあたります。
慢性腎不全による透析療法を必要とする患者さんの数は年々増加し、現在では32万人以上の患者さんが透析療法を行いながら生活されています。また年間約38000人の慢性腎不全の患者さんが新たに透析療法を開始されています。
蛋白尿、血尿など尿検査異常を指摘された方は、特に自覚症状がなくても大きな病気は隠れていると疑って、腎臓内科を受診してください。当クリニックでは腎臓病の診断、その後の治療、透析治療への準備、実際の透析療法を行っております。お気軽にご相談ください。

当クリニックで治療対象となる主な疾患

  • 蛋白尿、血尿などの尿検査異常
  • 慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群
  • 糖尿病や膠原病など全身疾患に伴う腎臓病
  • 血管炎症候群(ANCA関連腎疾患)
  • IgA腎症
  • 高血圧症、脂質異常症、肥満、メタボリック症候群などに伴う動脈硬化の進行による腎臓病
  • 慢性腎臓病(CKD)、慢性腎不全
  • 多発性嚢胞腎など遺伝性慢性腎疾患
いんざいさくらクリニック

診療内容

  • 内科
  • 小児科
  • 訪問診療
  • 人工透析
  • PTA外来・シャント管理
  • 生活習慣病
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • ピロリ菌検査
  • 消化器疾患
  • 呼吸器疾患
  • 腎臓疾患
  • 健康診断
  • 予防接種

院長

髙島 照弘

住所

〒270-1335千葉県印西市原1-2 
ビッグホップガーデンモール印西
ヴィレッジモール103

TEL

0476-85-4700

最寄り駅

北総線 印西牧の原駅 改札を出て左、徒歩1分
外来診療表(医師 高島)
〇:第2・4
受付時間 日祝
8:30~11:30 往診
13:30~17:00 往診 往診 往診
17:30~19:30
外来診療表(医師 福山)
受付時間 日祝
8:30~11:30
13:30~17:00
17:30~19:30

休診日:火曜・日曜・祝日・第1、3、5土曜

↑
© いんざいさくらクリニック